余興ゲーム of けむしのUTAGE

けむしのUTAGE

ビンゴ

 準備:紙+鉛筆
 ご存知ビンゴ。説明を書くまでも無い。
 その他:ひらがな、アルファベット、くだもの、芸能人、さんずい・にんべんなどの部首、都道府県名、国名など、25個以上あるものを題材にすると良い。
 類似ゲームに、数字を名前に変えた「名前ビンゴ(下記)」もある。
下記、合わせ技を混ぜても面白い。

 ◆ 失敗しない景品選び


名前ビンゴ

 準備:紙+鉛筆
 ビンゴの数字を名前に変えたもの。
 名前は会場にいる人に書いてもらう。知らない人と知り合うきっかけにもなる。
 コール方法の応用:
 受付でインスタントカメラ(チェキなど)を撮り回収、ゲーム時には写真を引いて名前を読み上げても良い。
チェキ
 又、イベントに主役がいる場合、写真を撮った際にメッセージを書いてもらっておき、写真を主役に引いてもらっても良い。
 ◆ 失敗しない景品選び

こちらで購入できます
チェキ ¥4179

◆ 失敗しない景品選び


合わせ技

リーチもビンゴ

 あらかじめ選ぶ数字の数を決めておく。その数だけ読み上げたら、そこでゲームをストップ。その時点で、消えた数字が一番多かった人、もしくはリーチが多かった人が景品を得られる。
 普通のビンゴでは、リーチが沢山できても、ビンゴしなければ意味がない。たまには、「リーチで賞」も欲しいかな。
 ◆ 失敗しない景品選び


中身をばビンゴ

 景品を全て、箱などに入れて、中身が見えないようにしておくだけ。早くビンゴしたからといって、良い景品が得られる訳ではない。
 普通のビンゴだと、後からビンゴした人の景品がお粗末なものになる事があり、ビンゴしたものの悲しい気分になる事もあるが、それを避けられる。
 景品を開けて、景品披露の場を作る事も出来る。
 ◆ 失敗しない景品選び

景品を探す




Copyright© 2005-2006 けむし丸 All Rights Reserved.
[ サーバー:XREA | スタイルシート:HTML Templates ]

景品屋さん





Contents of This site
トップページ
パーティーゲーム
会場
タレント派遣
BOOKS
写真現像
チャリティ
LINKS

余興ゲーム

 宴会の余興で使えそうなゲーム。
 敗者が出た時点ではゲームが終わらず、勝者が決まる。勝者には景品が配られる事もある。個人戦、グループ戦を問わず行われる。
 のみかいゲームと比べると、「ゲームを楽しむ」ゲーム。